ホーム>いい畳の見分け方

いい畳の見分け方

畳表選びのポイント

い草の長さ、ヒゲの長さ

い草の長さ、ヒゲの長さ

ひげが長くてきれいなほど長い「い草」を使っている目安になります。
い草の長さは100~150cmで一般的には長いものほど高級品とされており、茎に変色や傷が無く太さが揃っているものは、色も太さも均一な所を使用できます。
高級品ほど「い草」の本数が多く、一枚の畳表には、約4,000本~7,000本の「い草」が織り込まれています。目がしっかり詰まった地厚で耐久性のある畳表になります。

経糸(たていと)の種類と本数、芯の長さ

経糸(たていと)の種類と本数、芯の長さ

い草を多く織り込むためには、それに見合った丈夫な経糸が必要になります。
畳表を織る時に使われる糸は、綿糸、麻糸を使い分けています。
綿糸よりも麻糸の方が、1本芯よりも2本芯の方が高級品に使用されています。

色とツヤ、密度

色とツヤ、密度

泥染めに使われる染土が色を決める重要な要素です。
端の方の色のバラツキは色ツヤで判断します。

密度・肉厚を確かめるには二つ折りにして握ってみるとよくわかります。
より多くのい草を使用していれば当然耐久性も変わってきます。

ページ上部へ