ホーム>たいら畳店日誌>研修>手床製作(手縫い製作畳床)2
研修

手床製作(手縫い製作畳床)2

縫い終わった手床を大まかな厚みに締める荒締めをするため、裏側か足で踏んで締めていきます。

 

荒締め

2016218215034.JPG2016218215128.JPG

両端から締めていき、後半になると締まって余った糸がでてきて締めにくくなるので、途中でつないだ糸をほどいて、またつなぎ直します。

 

 余った糸                                       糸のつなぎ直し

2016218215422.JPG201621822224.JPG

 

途中、針を刺して、刺さった深さで厚みをみながら締めていきます。

2016218221821.JPG2016218222020.JPG

 

荒締めを終えた状態です。

201621822548.JPG201621822635.JPG

裏側の縫った糸

201621822830.JPG20162182293.JPG

 

だいたいの均等な厚みになったら表に返して、表側から締めて、仕上げの厚みにそろえる真締めになります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taira-tatami.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/15

ページ上部へ